インターネットを使ったビジネスを成功させる秘訣とは

専門用語を覚える

パソコンの部品

映像制作とは大まかに言えば、ビデオカメラで映像を撮り、そしてその映像を素材として本採用の映像を用いて成果物とする作業を言います。 例えればウエディング関係のビデオ撮影などにおいても撮影と編集を担当する方々が居り、この方々がビデオ映像をクライアントの要望に従って必要な編集や加工などを行っていきます。 そしてそれはかつてはとても高い道具などを用いないと出来ない産業であったと言われていますが、技術の発展により今ではインターネット上のフリーソフトの動画編集・加工ソフトなどでも個人で楽しむには充分に色々な事が楽しめ、出来る様になってきました。 有名所のソフトは多々あります。 ですが、重要なのはそのソフトの詳しい使い方を知るという事と、出来うる事を把握する事です。

動画編集・加工ソフトとは、専門用語が多種多様にあります。 これは映像制作の分野においても同じです。 逆に動画素材の編集や加工だけに限るか、動画撮影だけに限るかでも、大分覚える量が変わります。 映像制作とは専門用語との格闘が最初の問題点になります。 そして次に、映像制作における編集ソフトは全てが一律の機能を持っている訳ではないという点に注意する事が必要です。 例えれば、複数レイヤー、というモノがあります。 これは重ね絵を連想すれば分かり易いと思います。 大半の簡易な編集ソフトはコレが出来ず1つの動画を加工する事しか出来ません。 ですが複数レイヤーとは複数の動画を重ねて加工する事が出来ます。 例えれば紙芝居で次のページに合わせて前のページがどこかしらに穴が空いていて、後ろのキャラクターなどが見える状態にしているなどの事があると思います。 あれと感覚は同じです。 前の動画にマスクという丸や死角の穴を空ける機能などを用いて後ろの動画も一部が見える状態にするなどの事が出来ます。 こういう細かい専門用語を理解する事が映像制作における最初に必要な初歩の事柄です。